芸人

【動画】インタレスティングタケシのどもりは発達の病気?銭金、水ダウでの事故画像!

【動画】 インタレスティングタケシのどもりは発達の病気? 銭金、水ダウでの事故画像!|TrendWatch

スポンサーリンク



今回は、芸人の”インタレスティングたけし”について。

  • “吃り”の芸風動画
  • 吃りとは?
  • 銭金、水ダウなどの過去の出演時の画像や動画

調べてみました。

本記事は吃音で悩む人を差別や誹謗をするような内容ではありません!

スポンサーリンク



インタレスティングたけしの動画と画像

インタレスティングたけしさんの過去の出演番組の動画と画像を集めてみました。

水ダウ出演時画像と動画

水曜日のダウンタウン出演時のインタレスティングたけしさんの動画と画像です。

水曜日のダウンタウン』インタレスティングたけしがヤバい!強烈すぎると話題に! | テリアブログ 水曜日のダウンタウン』インタレスティングたけしがヤバい!強烈すぎると話題に! | テリアブログ 動画】水ダウに抗議文インタレスティングたけしは吃音(きつおん)への差別を助長するのか?ネットでは疑問の声

 

銭金出演時の画像と動画

インタレスティングたけしさんが、今から11年前の2011年に人気番組”銭形金太郎”に出演していました!

ギターを持つと普通に歌って喋れたらしいです!

【動画】 インタレスティングタケシのどもりは発達の病気? 銭金、水ダウでの事故画像!|TrendWatch

スポンサーリンク



水ダウの放送後に吃音協会が抗議文!

インタレスティングたけしさんの出演後の”水ダウ”の放送後に日本吃音協会がTBSに対して抗議文を送りました。

【動画】 インタレスティングタケシのどもりは発達の病気? 銭金、水ダウでの事故画像!|TrendWatch

インタレスティングたけし養護の声多数!

このニュースに対して・・・

男性の口コミ
男性の口コミ
インたけの芸人生命を奪うな!

という声が多数ありました。

インたけも反応!

これに対してインタレスティングたけしさんも・・

インたけ
インたけ
またテレビジョンでたい!

と反応しました。

しかし、吃音で悩んでいる方が多くいることも事実。

ニュースのヤフコメには以下のようなコメントも・・・

ヤフコメ主
ヤフコメ主
私は吃音症です。この番組は毎週楽しく拝見しており、もちろんこの回も観ましたが、本音を言えば「この芸人さん、余計な事をしてくれてるな~(苦笑)」という程度です。吃音を持っている人間は笑われることで、人前で話すことが嫌になったり、臆病になったり、トラウマになったりします。私もなるべく話をしなくてすむ職業を選んでしまうほど悩んできました。そんな吃音の世界で、「人前に出て、話しをし、笑われる職業である芸人の道を選ぶ」というのは、「ありえないこと」で、裏を返すと「とても勇気ある決断」「応援したくなる」というのが率直な意見です。ただ、吃音を持つ子供たちのことを考えると、「吃音症を売りにして笑いを取らないでくれ~」「吃音=笑いを誘う風潮にしないでくれ~」という思いもあります。今回は「協会が番組に抗議文」という内容。これはどうなのかな~と思います。私は吃音を持ちながらも人前で活躍する方々を応援します!

※ヤフコメより

そもそも、”吃り・吃音”とはどのようなものなのでしょうか?

スポンサーリンク



吃りとは?

写真

日本財団ジャーナルより引用(「注文に時間がかかるカフェ」を開いた奥村安莉沙さん(左から2人目)と当事者の学生を含むスタッフ)

インタレスティングたけしさんの特徴的な喋り方は『吃音(きつおん)』

と呼ばれると発達障害の1つと思われます。

「吃音(きつおん、どもり)」とは、話す時に最初の一音に詰まってしまうなど、言葉が滑らかに出てこない発話障害の1つ。 主な症状には3つある。 幼児期に発症する「発達性吃音」と、疾患や心的ストレスなどによって発症する「獲得性吃音」に分類され、その9割は発達性吃音であると言われている

※引用:https://www.nippon-foundation.or.jp/

吃音は発達障害の1つ

写真

※日本財団ジャーナル

吃音は発達障害の1つです。

吃音の人は、以下のような特徴があります。

  • 「ここここ、こんにちは」と言葉のはじめの音を繰り返してしまう「連発(れんぱつ)」
  • 「こーーんにちは」と音が伸びてしまう「伸発(しんぱつ)」
  • うまく言葉が出ずに間が空いてしまう「難発(なんぱつ)」

 

引用:日本財団ジャーナル

吃音者に偏見や誹謗は絶対にやめましょう!

インタレスティングたけしさんは、自らの吃音を芸風にして笑いにしていますが、吃音で悩んでいる方は、多くいます。

このような方を差別や誹謗中傷するようなことは絶対にやめましょう!

スポンサーリンク